昔よりずっと多くの手段から副業でのプラス収入を稼げる時代、従来通り店舗へバイトに行くこともできればネットでの副業もできるようになりました。
また、近年世の中のニーズに応えているサービスと言えば商品デリバリー代行サービス、本業ではなく副業でこうした仕事を選び働く人も増えています。食べたい物を気軽に届けてほしい消費者と、飲食を提供するお店をマッチングする、現代だからこそ需要の高いサービスが食品デリバリー代行です。

配達員として働く人は、飲食店側がアルバイトや正社員雇用をしているわけではありません。1回の配達をするために配達料を配達員に支払うシステム、飲食店が届ける代わりに食品デリバリー代行サービスが配達をします。直接雇用ではないことから給料からの税金天引きはできませんので、配達員は本人での確定申告が必要です。
こうしたケースも本人による確定申告が必要な副業、従来通りのアルバイトとは少し違った考え方になります。

今ではスマホを誰もが持つことからあらゆるアプリが登場をしていますが、フリマアプリも副業で活用されるひとつです。フリマアプリでは様々な商品を売ることができますから、ハンドメイド作品を売ることもできます。またYouTubeでのお小遣い稼ぎも近年は右肩上がりで人気ですが、YouTubeの広告収入があった時にも、フリマアプリを副業として稼ぐ際にも、一定条件を満たすなら確定申告は必要です。

本業での収入だけではなく、それ以外で利益を得ている時には、翌年の確定申告が必要かどうかを考えるようにします。これらは副業をして確定申告を必要とする例ですが、他にも副業で確定申告を必要とするケースはいくつもあるためです。

例えば、今では仕事マッチングサービスも便利ですが、それで請け負うこととなった業務も、イラスト制作に動画編集や記事ライターの請負なんかも当てはまります。ブログを書いて広告収入を得た際ももちろん、個人での家庭教師を副業とするときもそうです。

収益を獲得することを考えると、競馬や宝くじなどもそれを実現できる手段になります。ですが競馬や宝くじはギャンブルであり、労働を提供して稼ぐ副業ではありません。

もしも宝くじが当選をした時には、確定申告をするかと言えば不要です。それは住民税や所得税もかからないためであり、夢の3億円が当選した際にも税金の発生はありません。収入が急にアップするので資金も急激に大きな流れを見せる可能性があるため、もし大金が当選したら当選証明書を発行してもらう事です。