商品を売って利益を出すような仕事をしてみたい人に、おすすめしたいのが「せどり」になります。

せどりで稼ぐということは、安く仕入れて高く売ることを指します。「できるだけ安く仕入れる」という点、また「できるだけ高く売る」という点を意識しながら行っていきます。このように考えたとき、商品ごとの「相場」というものを知ることが必要になります。

例えば古着屋さんに洋服を購入しに行ったとき、初心者の場合は、お店の値札を見ないと、どれがいくらか想像できないと思います。想像しても、思っている値段と実際の値段がかけ離れているということがあるはずです。

これは古着の値段がどのような理由で付いているか、知らないために起こっている現象です。例えば「人気」また、「製造年代」、さらに「状態」、また「レア度」などが掛け算のようになり、古着の値段が決まってきます。

そのため、ある程度、古着に精通してくると、商品をパッと見ただけで、価格を想像することができます。このような人は「相場観」を身につけた人ということになります。

しかし、いくつかの古着店を巡っていると、相場観とはまるで違うような、安値で売られている古着を見つけることができるようになります。このような商品は「掘り出し物」と言われ、せどりで儲けられる可能性が高い商品になります。

このような商品を販売するときは、基本的にネットを使って行います。自分がネットショップを持っている場合は、ネットショップの商品として販売することになります。
また、自前のお店を持っていない場合は、ネットオークションサイトを利用して、販売することになります。メルカリのような中古販売サイトで販売することも可能です。

いずれにせよ、最も高値で売れる方法を選んで販売することが大切です。またほしいと思う人が、ぎりぎりお金を払ってもいいと思えるような価格設定にする必要があります。
とても人気が高く、高値が付くことが確実だと感じたら、オークション形式の販売方法を選んだほうがいいかもしれません。かなりの高額が期待できるかもしれません。

古着以外でも、せどりで儲けるためには同じような過程を経ることになります。そのために必要なのは「相場観」になります。
自分の趣味に関する商品なら、一般の人よりも相場観があるでしょう。さらにその商品を扱っているお店やネットショップなどをこまめにチェックして、相場観をより磨いていくことが大切になるでしょう。